第178号/1972年12月号

第178号/1972年12月号

¥200価格

創文社発行(昭和47年12月1日刊行)、全体的にヤケ・シミ・イタミがございます。特に書籍天と書籍背のヤケは強めです。

  • 目次

    装画 冬の山の太陽/串田孫一
    山のとびら 幻想の山/磐広人
    p. 5 凍る風景/串田孫一
    p. 9 野麦峠/藤森栄一
    p.18 詩 春播の種子のように/田中冬二
    p.20.36.68 写真 連作 冬の到来/石橋睦美
    p.21 ごへい餅/向山雅重
    p.27 白樺を焚く/丹征昭
    p.33 画文 チロルの氷河を滑る(4)/熊谷榧
    p.37 山より来る友/周はじめ
    p.44 画文 北アルプスにて/飯島庸行
    p.49 霧ヶ峰から蓼科へ/大澤洋三
    p.55 高山植物とその異常分布/武田久吉
    p.62 コルベット国立公園/伊藤和明
    p.69 《失われゆく自然》八幡平の自然と観光自動車道/諏訪木秀夫
    p.75 自然の本棚・井上康文氏再説/落合藤三郎
    p.77 ロッキィの旅/織内信彦
    p.83 今月の装画・写真
    p.84 編集室から