第174号/1972年8月号

第174号/1972年8月号

¥200価格

創文社発行(昭和47年8月1日刊行)、全体的にヤケ・シミ・イタミがございます。特に書籍背のヤケは強めです。

  • 目次

    版画 星と山(青)/大谷一良
    山のとびら 峰の雲/徳本立憲
    p. 5 無言歌に山を想う/串田孫一
    p. 9 鳥の声のする山/中村登流
    p.16 画文 干草の寝床/滝沢正晴
    p.20.36.52 写真 連作 クールマイユール/小森康行
    p.21 太郎山神社の宴/福士季夫
    p.26 詩 絵の中へ/岸田衿子
    p.29 《失われゆく自然》木曾駒ヶ岳の高山植物/佐野泰
    p.34 遺稿 マレイの日本案内書に載る甲斐ヶ根/武田久吉
    p.37 『文庫』時代の小島烏水(16)/近藤信行
    p.46 画文 チロルの氷河を滑る/熊谷榧
    p.50 新しい山/大森久雄
    p.56 エールの自然と風景/安藤一郎
    p.65 おとの/今井雄二
    p.70 気動車で行く町/石橋力
    p.76 見るものと聞くもの/岡部牧夫    
    p.83 今月の版画・写真
    p.84 編集室から