第167号/1972年1月号

第167号/1972年1月号

¥200価格

創文社発行(昭和47年1月1日刊行)、全体的にヤケ・シミ・イタミがございます。

  • 目次

    版画 蛇がいて/大谷一良
    山のとびら ニルギリ北峯/山里寿男
    p. 5 山麓日記抄/武田泰淳
    p.13 冬の日に/福士季夫
    p.18 詩 幻の氷の原で/草野心平
    p.20.52.68 写真 連作 ネパールの山々/白川義員
    p.21 信州の冬の峠/市川健夫
    p.27 山小屋の変遷(終回)/手塚宗求
    p.33 画文 山荘の冬/草場安夫
    p.39 秦野の冬/直良信夫
    p.45 『文庫』時代の小島烏水(11)/近藤信行
    p.53 冬の猟/小林一行
    p.58 画文 富良野岳/一原有徳
    p.64 ああ青春(完結)/朝比奈菊雄
    p.71 山、島、舞台/金井典美
    p.77 山上ヶ岳の赤い星/野尻抱影
    p.83 今月の版画・写真
    p.84 編集室から