林英夫草稿『番付「女大学」』
  • 林英夫草稿『番付「女大学」』

    ¥2,000価格

    ペン書き、200字詰原稿用紙19枚完、全体的に折れがございます。内容は江戸末期に存在した「女大学」見立番付の解説と、それを引き合いにした現代女性との対比です。