南原繁草稿『高柳さんのこと』
  • 南原繁草稿『高柳さんのこと』

    ¥10,000価格

    ペン書き、200字詰原稿用紙3枚完、内容は昭和42年に香港で客死した高柳賢三先生の追悼文です。

     

    南原繁(明治22年~昭和49年)は、香川県出身の政治学者。内村鑑三によって導かれた無教会主義キリスト教の信仰に立ち、著書『国家と宗教』において鋭い国家主義批判を行う。戦後は東京帝国大学総長や貴族院議員を務め、教育改革に貢献する。またアララギ派の歌人としても知られております。