山書研究 37号/『北の山と本 その登山史的考察』別刷

山書研究 37号/『北の山と本 その登山史的考察』別刷

¥400価格

高澤光雄編、日本山書の会発行(1992年10月12日刊行)、初版、カバー付き、全体的に少ヤケ・シミ・イタミがございます。『山書研究 37号』との相違は装幀のみで内容に変更はありません。

  • ◆目次◆

    p.    3 北方関係文献逍遙/水野勉
    p.  39 北大山岳部『時報』、北大山の会『会報』戦前編の解題/清水敏一
    p.  61 『北大山岳部々報』と日高山脈/西信博
    p.  73 日高の山の魅力/早坂善治
    p.  79 知られざる小さな頂/一原有徳
    p.  97 小樽・赤岩 フリー・クライマーの系譜/沼崎勝洋
    p.103 知床断想 山、草木、自然保護/早川禎治
    p.115 積丹半島をめぐる山々 回想と歴史にふれて/淡川舜平
    p.161 利尻山登山沿革史/高澤光雄
    p.181 あとがき
    <巻末>
    p.   1 北海道登山史年表1871~1991/高澤光雄編
    p. 41 本邦山岳団体の発行せる部・会報についての誌名目録 北海道の部/石橋保、植竹清孝、和久井正明、斎藤俊夫、高澤光雄共編
    p. 53 北海道関係山書目録/高澤光雄監修、斎藤俊夫編