top of page
  • 執筆者の写真Kenichi Mukai

緑の絲/高浜虚子、松根東洋城、与謝野晶子ほか短冊

更新日:2023年12月2日



今週はアナウンスどおり、短冊を60点ほど追加致しました。

修行時代にはテストでいうと60点くらいは崩し字を読めていたんですけど、久しぶりに読むと全く読めませんね。0点です、0点…。今はスマートフォンに判読アプリもあるのですが、「なんぼのもんじゃい!」と強がって利用しませんでした。判読が出来ていない短冊は、少しずつでも読んでいきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます!


来週は蔵書票関係と豆本を少量です。




先週はちょっとサボって、東京国立近代美術館で開催中の「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」と、丹沢へ行ってきました。


棟方志功展は大盛況で、見るのに一苦労でした。最近入手したシミだらけの小品の版画が展示されていて、なんでこんなピンポイントで!と驚きましたが、調査する手間が省けて良かったです。展示は有名な作品が多く、あまり勉強にはなりませんでしが、作品の熱量と迫力には圧倒されますね。12月3日まで開催されますので、皆様もよろしければ是非です。


丹沢は秦野駅から低山をぐるっと回って大山へ行き、ヤビツ峠、三ノ塔、大倉バス停までの26.4㎞をトレランしてきました。塔ノ岳まで行きたかったのですが、途中で体調が悪くなってしまい断念しました。菩提峠で遠足中の幼稚園児たちに出会い、みんなの元気な笑顔に助けられました。今度はリベンジして、山中湖までですかね。




0件のコメント

Comments


bottom of page