top of page
  • 執筆者の写真Kenichi Mukai

子猫に戻った白猫ちゃん/加藤静允限定本、肉筆画ほか



今週は少量ですが、限定本や美術書などが入荷です。

加藤静允さんは小児科医であり、書画、骨董、陶芸などを嗜む趣味人です。今回入荷した『細石微風帖』の特装30部本は、数ある湯川書房限定本の中でも特に意匠を凝らした1冊で、著者制作のかわいらしい水滴と筆置が各1点付属しています。書籍の内容も陶磁器、刀剣、韓国古窯跡など、趣味人らしい内容です。

同時に加藤静允さんの「山と鮎釣り」をモチーフにした肉筆画や、お読みになるだけでしたら『細石微風帖』の530部本も入荷しています。その他には、書家・金澤翔子さんの署名本などなど、わずかですが美術書が入荷していますので、合わせてよろしくお願い申し上げます!



まだ登山口にも着いてないじゃん…。

ということで、連休をいただいて甲武信ヶ岳へテント泊してきました。

塩山駅の改札を出て、西沢渓谷行きのバス停まで歩いている途中で、ザックのショルダーストラップが切れました…。応急処置で問題なく使用できましたが、まさかこんな所が切れるとは思ってもいませんでした。次回からはザックの点検もしっかりですね。他にもスマホの画面が割れたり、フリースが破れたり、傷だらけな山行でしたが、自分クエストのレベルが、少しは上がりましたかね。



大病から復帰して、10月でちょうど3年となりました。

人間って元気になるものですね。

完治まではあと2年ありますが、このまま健康で頑張ります!

0件のコメント

Comments


bottom of page